読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

console.blog(self);

技術、読んだ本、いろいろ。

わたしを離さないで

book
わたしを離さないで (ハヤカワepi文庫)
早川書房 (2012-08-01)
売り上げランキング: 759

内容紹介

優秀な介護人キャシー・Hは「提供者」と呼ばれる人々の世話をしている。生まれ育った施設へールシャムの親友トミーやルースも「提供者」だった。キャシーは施設での奇妙な日々に思いをめぐらす。図画工作に力を入れた授業、毎週の健康診断、保護官と呼ばれる教師たちのぎこちない態度……。彼女の回想はヘールシャムの残酷な真実を明かしていく。解説:柴田元幸

読みながらずっと「一九八四年」を思い出していた。近未来的SFからだとは思うけど。

淡々とした静かな文章で、絶望的なことが描かれている。でもそのなかでも、やっぱりちょっとした希望や選択肢があって、それがより一層状況を引き立てる。

登場人物がみんな完璧に不幸かというと、そんなことはなくて、「風の歌を聴け」のこれを思い出した。

‎「完璧な文章などといったものは存在しない。完璧な絶望が存在しないようにね。」

あと「ノルウェイの森」のこれも。

死は生の対極としてではなく、その一部として存在する。

何か救いがあるといいな、と思った。

広告を非表示にする