読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

console.blog(self);

技術、読んだ本、いろいろ。

精興社書体について #LOVEFONT

これらの本では、すべて精興社書体が使われている。#LOVEFONT Advent Calendar 2014 - Adventarの8日目、精興社書体について書く。 精興社と精興社書体 秀英体も好きだけど以前あれこれ書いたし、この精興社書体も大好きなので、こうやって書く機会があって…

誰のためのデザイン?―認知科学者のデザイン原論

「誰のためのデザイン?」を読了した。ずっと読もうと思って、ずっと読んでいなかった一冊。よい本だった。 ノンデザイナーズ・デザインブックも読んでよかった。それと同じような感覚。 ノンデザイナーズ・デザインブック - techlog ドア、電話、タイプライ…

文字の食卓

これまでに読んだ書体の本で、いちばんおもしろかった。そして本好きな人に薦めたい。文章や活字が好きなひとなら、この本はとても楽しい1冊になると思う。 何度も読んできた本の、ちょっと違った一面を知ることができる。本を読んで、そこにある書体から漠…

一〇〇年目の書体づくり―「秀英体 平成の大改刻」の記録

『一〇〇年目の書体づくり―「秀英体 平成の大改刻」の記録』は、秀英体の変化、歴史、そして「いま」がぎゅっと詰まった1冊。読み応えがある。 秀英体で組まれた文章をはじめて読んだのはたぶん1996年で、秀英体という書体名を知ったのは2012年3月だった。そ…

文字をつくる 9人の書体デザイナー

もっと文字のこと、フォントのことを知りたいな、と思って読んでみた。文字がどうやって作られてきたのか、全然知らなかった。本書でその過程を知ることができた。 本書で紹介されている9人の書体デザイナーの方々。 鳥海 修(ヒラギノ、こぶりなゴシック、…

こころと脳の対話

河合隼雄さんの本を前から読んでみたかったけど、読んでなかった。林さんのこのエントリを読んで、河合隼雄さんの本を読んでみたいけど読んでないんですと話したら、「こころと脳の対話」を薦めていただいたので読んでみた。 相談にのる難しさ: 心のうち ど…

ノンプログラマのためのJavaScriptはじめの一歩

「ノンプログラマのためのJavaScriptはじめの一歩」を読了した。 JavaScriptについて説明する機会が増えてきた。初心者、初学者に説明するのは難しい。正確性とわかりやすさのバランスを取りつつ、実際に役に立つことを伝えたいと思って、読んでみた。 90行…

メタプログラミングRuby

メタプログラミングRuby を読了した。いつ買ったんだろう。少なくとも1年以上前…。 難しかったけど、面白かった。よく使うものは理解しやすかったし、あまり使っていなかったのものは、ほーと思った。 付録がいい感じ。本書の内容をコンパクトにまとめてる。…

開発者のためのChromeガイドブック (Google Expert Series)

「開発者のためのChromeガイドブック」を読了した。著者のひとりである吉川徹さんから頂きました。ありがとうございます。著者全員のサインももらっちゃった。 本書は Chrome 使っているなら、手元にあるとても便利な1冊だと思う。 Chrome APIやChromeウェブ…

ホリー・ガーデン

ホリー・ガーデン (新潮文庫)posted with amazlet at 13.05.11江國 香織 新潮社 売り上げランキング: 112,848Amazon.co.jpで詳細を見る 内容紹介 果歩と静枝は高校までずっと同じ女子校だった。ふと気づくといつも一緒だった。お互いを知りすぎてもいた。30…

わたしを離さないで

わたしを離さないで (ハヤカワepi文庫)posted with amazlet at 13.05.11早川書房 (2012-08-01)売り上げランキング: 759Amazon.co.jpで詳細を見る 内容紹介 優秀な介護人キャシー・Hは「提供者」と呼ばれる人々の世話をしている。生まれ育った施設へールシャ…

ちょうちんそで

ちょうちんそでposted with amazlet at 13.05.11江國 香織 新潮社 売り上げランキング: 57,811Amazon.co.jpで詳細を見る 内容紹介 取り戻そうと思えば、いつでも取り返せる――闇の扉を開く新しい長編。いい匂い。あの街の夕方の匂い――人生の黄昏時を迎え、一…

さきちゃんたちの夜

さきちゃんたちの夜posted with amazlet at 13.05.11よしもと ばなな 新潮社 売り上げランキング: 1,886Amazon.co.jpで詳細を見る 内容(「BOOK」データベースより) 失踪した友人を捜す早紀。祖父母秘伝の豆スープを配る咲。双子の兄を事故で亡くした崎の部…

色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年

色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年posted with amazlet at 13.05.11村上 春樹 文藝春秋 (2013-04-12)売り上げランキング: 9Amazon.co.jpで詳細を見る 内容(「BOOK」データベースより) 良いニュースと悪いニュースがある。多崎つくるにとって駅をつ…